アフィリエイト広告を利用しています

抹茶スイーツお取り寄せ|海外で人気の理由は?ブームはいつから?

抹茶スイーツお取り寄せ

近年は、抹茶が世界的に人気で、色々な国のコーヒーショップに抹茶ラテが並び、日本カルチャーを紹介するイベントなどでも抹茶ドリンクや抹茶を使ったスイーツがよくメニューに登場するそうです。

和風のメニューが並ぶカフェや、京都の本格的な和のカフェには海外からの観光客で大人気といいますが、いつから、なぜ海外では抹茶スイーツが好まれるようになったのでしょう。

「抹茶」の海外での人気の理由は?


公式サイトによると、抹茶クリームフラペチーノが日本のスターバックスで発売されたのは、2002年の3月でした。当初は季節限定販売だったのが、人気が出て2004年ごろには定番商品になっていますね。

2014~2015年ごろには、ニューヨークをはじめとするアメリカの都市部を中心に、健康を意識する層を対象に抹茶専門のカフェが登場していました。その頃は抹茶はまだ一般には「草のような味」と言われて飲みなれないものだったようです。

さらに当時は抹茶はまだ高級品で、スーパーや食料品店に行っても普段使いに飲むようなものではなかったようですね。

 

くりーむ
くりーむ

甘い味の抹茶ラテが徐々にカフェに並ぶようになったのは、アメリカで抹茶カフェブームが起きる少し前ごろなんですね〜。

辻利抹茶アイスクリームはこちらから

増加する抹茶の輸出量!

それから緑茶の輸出量はここ10年で約2倍に増えていて、ここ数年は毎年過去最高額を記録するほどです。

特に輸出先1位のアメリカには、抹茶を含む粉末状の緑茶が輸出量の多くを占めています。

アメリカではやはり、洋菓子やカフェの飲み物の原材料として「matcha」が使われるようになったのが大きいようです。

普段何気なく飲んでいる日本のお茶ですが、海外でもヘルシーな飲み物として知られ、グリーンティー(緑茶)はスーパーでも手に入るところが増えているようです。

健康ブームで緑茶が人気に

20〜30年前にはすでに、海外でも一部の日本好きの間では緑茶を始め、ほうじ茶や玄米茶などのお茶も人気がありました。

「緑茶」が一般的に飲まれるようになったのは、日本食・寿司が健康に良いというイメージと共に、ブームになった頃だと思われます。

 

だんご
だんご

甘〜い緑茶を海外で飲んだ記憶があります。。

徐々にヴィーガンやベジタリアンの間に広まり、一部の健康志向の強い人たちの間で人気だった緑茶が、近年では栄養価の高いスーパーフードとして広く知られるようになりました。

緑茶が健康に良いということは、世界各国で研究・証明されています。

緑茶の健康成分には、抗酸化作用の高いビタミンCをはじめとするビタミン群と、カリウムやカルシウムなどのミネラル類、整腸作用のある食物繊維などたくさんの栄養素が含まれています。

「緑茶」で糖尿病を改善 日本茶を飲むスタイルが心臓病や脳卒中のリスクを低下
緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、とくにEGCGの抗酸化力は強力だ。カテキンを摂取し続けると、血圧や体脂肪、脂質の調節や、血糖値の改善効果を期待できるという報告がある。
緑茶に、肥満・2型糖尿病・心臓病・脳卒中・認知症などの予防・改善効果があることが、世界のさまざまな研究で明らかにされている。
出典:糖尿病ネットワーク

 

どら
どら

そりゃーこれを知ったら緑茶飲みまくりますね!

せんべ
せんべ

抹茶ラテや抹茶フラペチーノが糖尿病に良いとはあまり思えませんけどね。。

辻利は抹茶スイーツのパイオニア?カフェ都路里のメニューや場所は?▶︎

抹茶の抗酸化作用が注目

さらに、2019年からの世界的なコロナ禍で、世界の健康志向が高まり、抹茶の抗酸化作用やカテキンの効能はメディアでも取り上げられました。

ポリフェノールの一種のカテキンは、ガンの抑制効果や糖尿病の予防、心臓病への改善効果だけでなく、ダイエットやデトックス効果にも注目されます。
 

だんご
だんご

美容に効果的な抹茶を使ったスイーツは、ヘルシーだから食べても大丈夫!と思われているのかもしれませんね。

 

禅(zen)がきっかけで抹茶がブームに


禅(zen)がヨーロッパやアメリカや、セレブの間でブームになったのはよく知られていますが、茶道を通して禅を学ぶ人たちも多いです。

2018年ごろにアメリカを中心に流行った「マインドフルネス」は日本にも入ってきて大流行していましたが、禅(zen)の瞑想、精神性がベースになっているんですね。

 

だんご
だんご

禅(zen)といえばスティーブ・ジョブスは有名ですね〜。

せんべ
せんべ

仕事の前に瞑想すると集中できるってカッコいいとおもってやってたな〜。

日本のお茶と禅
平安時代末期から鎌倉時代に、中国から日本にお茶の種と茶道の文化を持ち帰った臨済宗の僧侶・栄西は、もともと禅を学ぶために中国に渡っています。中国の僧侶たちが仏教の儀礼のために行っていた茶道は日本に伝わり、禅の修行にお茶は切り離せないものになったのです。

実際に抹茶にはうつ病の症状を軽減する効果もあると言われ、茶葉に含まれるテアニンを摂取すると、日常でのストレスが緩和され、メンタルヘルスの不調を改善することにも役立てられるという研究もされているそうです。

 

だんご
だんご

禅と抹茶がメンタルヘルスに効果的だというのは本当なんだね。

抹茶スイーツにはどんなものがある?

海外の観光客が日本ならではのお土産として買って行く、定番の抹茶味のキットカットはやはり不動の人気ですね。

そして抹茶味のアイスクリームはみなさん大好きなようで、現在の抹茶ブームが本格的になる前から人気のスイーツでした。

独特の苦味があって、「草の水」とまで言われていた緑茶は、やはり甘くすると食べやすいので、抹茶ロールケーキ、抹茶ティラミス、抹茶大福、抹茶パフェなど幅広く、抹茶フラペチーノのようなクリームを使ったオリジナルドリンクなどのデザートが好まれていますね。

最近では抹茶の味が浸透したせいか、甘い抹茶ドリンクと日本の和菓子の組み合わせなども人気のようです。

祇園辻利の抹茶アイスはどこのコンビニで買える?値段や味は?▶︎

抹茶スイーツお取り寄せ|海外で人気の理由は?ブームはいつから?

抹茶ラテからはじまって人気が出た抹茶スイーツの人気は、世界的な健康志向からはじまりお茶の健康ブームの延長にあったのですね。
甘〜い抹茶のドリンクやお菓子がヘルシーかどうかはわかりませんが、抹茶の魅力がいろいろな方に届いているのは嬉しいことですね!

コメント